紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

成長痛・オスグッド | 泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

泉佐野市の骨盤矯正・産後骨盤矯正なら縁〜en〜鍼灸整骨院

成長痛・オスグッド

こんなことでお悩みではありませんか?

オスグッド病は、10〜15歳の成長期のスポーツを頻繁にしている少年に発生することが多いです。
オスグッド病の症状としては、お皿の下の脛骨結節(お皿の下の骨)がだんだんと突き出して、痛みが発生します。

最近、泉佐野市でも、サッカーのクラブチーム、野球のリトルリーグなど色々なスポーツが盛んにおこなわれています。

成長期に一定以上の負担を掛けてししまうことは体が負担に耐えきれず、怪我につながります。

最近の少年スポーツでは、昔のような精神論に基づく激しい走り込みなどの過剰な運動をさせるところは減っているとはいえ、「オスグッド」の症状は多いです。

成長痛・オスグッドはなぜ起こる?

10〜15歳の成長期の子供に「オスグッド」が発症することが多いのはなぜでしょか?

それは、成長期の骨が大人の骨と比べて、柔らかいからです。

この時期に太ももの前の筋肉を使いすぎると、骨が筋肉の負担に耐えきれず、骨に炎症が起こってきます。

大人ぐらい骨が硬れば「筋肉・腱」の方に負担が掛かるはずですが、子供の骨は筋肉の負担に耐えるだけの硬さがないので、「骨」に負担がかかってしまいます。

オスグッドは成長期に特有の症状です。

運動量によって症状は変化しますので、運動量の管理も行う必要があると縁整体院和歌山院は考えています。

成長痛・オスグッドが改善しない・膝の痛みが悪化する理由

〜en〜鍼灸整骨院が考えるオスグッドの改善しない理由は、

オスグッドの原因となっている膝の筋肉を放置してしまっていることと考えています。

膝に負担を掛ける筋肉は、「大腿四頭筋」と呼ばれる太ももの前の筋肉です。

よって、この「大腿四頭筋」を伸ばす施術が、オスグッドに対する一般的な施術方法になってきます。

「大腿四頭筋」の伸ばし方も様々で、マッサージや電気、針などがあります。

なぜ、オスグッドの原因と言われる「大腿四頭筋」は何もなく、突然固くなってしまうのでしょうか?

縁整骨院ではこの「大腿四頭筋」が固まることは、何かしらの原因があると考えています。

大腿四頭筋が固まる原因とは・・・

当院では、骨盤のバランスにあると考えています!

骨盤のバランスが悪い状態が放置されてしまうと、大腿四頭筋が常に緊張してしまう(使い続けてしまう)ことになります。
もし骨盤のバランスが悪いままだと、必死に大腿四頭筋をケアしたとしても無駄になってしまう場合もあります。
したがって、オスグッドが発症した際には、大腿四頭筋を伸ばすだけではなく、骨盤のバランスを整える必要があると考えます。

成長痛・オスグッドの施術法は?

泉佐野市の〜en〜鍼灸整骨院のオスグッド施術

泉佐野市の〜en〜鍼灸整骨院のオスグッドの施術は、「骨盤の歪み」を整えることがメインです。

オスグッドの原因として、「骨盤の歪み」は大きな割合を占めています。

だからこそ、骨盤を正しい位置に調整する必要があります。

〜en〜鍼灸整骨院では、早期にスポーツを再開できることが、一番と考えております。

スポーツ障害、オスグッドでお困りの際には縁整体院にご相談ください!

本記事は厚生労働省認可の国家資格者が監修しています。